イクメンってなんなの?ほんとにいるの?という、考えさせられた一年中

イクメンってツイートが出てきたのは以前になるのでしょうか。抱っこひもをつけて赤子をあやす夫のムービーが側に出てきそうな、あのイクメンだ。方育て上げる夫でイクメンでしたか?妻の世間推進、収入の上昇に伴い、共稼ぎ世帯も目立ち、夫もファミリーや子育てを分担するようになりました。割り振りという書きましたが、果たしてそうでしょうか。確かに、実際の作業は(釣り合いは今は差し置くとして)分担しているかもしれません。ですが、割り振りというより「手伝ってます」の思い込みの方が未だ多いのではないでしょうか。保育園の送迎は圧倒的に母体が多いです。送迎をできるように調整しているからだ。坊やがパッションを出して休むのも奥さんだ。保育園のお呼びのあと、坊やのご飯、お風呂、寝かしつけ、残るファミリーや明日の準備、始めるしかないですよね。ママが建物のことをしてるので、男性は安心して仕事ができるのです。なので、建物のことは奥さんが主要、男性は輔佐、あるいは、概して取り止めるというタイミングができあがります。けれども、共稼ぎである以上、本当は割り振りくださいよね?ママが正社員、男性はアルバイトであったり、収入もママの方が上のパーツも多いですから、「男性がたっぷり勤めるから、ご飯を食べていけてる」という学説はなくなります。そのはずなのに、世間の中には依然、坊やは奥さんが見る物体という風潮があるのです。ですから、ファミリーや育児を「手伝う」男性がいると、ふるってイクメンです!ってはやされます。言葉だけでなく、エースのみでなく、もっと柔軟に会社も世間も夫の子育てに参加するメカニックスとしてほしいだ。それと、父お客にも聞いてほしい。坊やの具合やこれからのこと、家庭によって、やりたい仕事を管轄したり辞めたり。自分で選んだ行程かもしれません。けれども、そうやって一所懸命考えて家庭のために選んだ母体を、ますます認めていいですよ。仕事も大変なのは、知っています。けれども、もしも建物のことや坊やの地点、できるそれぞれがいなかったら、考えてくれるそれぞれがいなかったら、仕事はできません。そんなこと分かってる。というかたは、ほぼママには伝わっていません。ひとまず、私といったママの役職を替えれるか真剣に考えたら、思いやりのあるそれぞれは見抜くかもしれませんね。とうに、家庭が、坊やが、奥さんが傷つかないように、恩賞を以て生活してほしいと思った一年中でした。http://xn--hckqz0e9cygq471ahu9b.jpn.org/